イサミのバンテージ【IB-30をレビュー】

 

バンテージってどれがいいのかわかんないな。

イサミとかどうだろう?

使ったことある人の口コミとかあるかな?

 

こういった疑問にお答えします。

 

僕はボクシング歴10年。

今も仕事をしながらジムに通ってます。

バンテージについては、過去にたくさん試してきました。

なので、これからバンテージを購入しようと考えている方に、ブログで評価や口コミなどをご紹介してます。

イサミのバンテージについても実際に使ってみましたので、詳しくレビューしていきたいと思います。

 

本記事の内容

 イサミのバンテージの特徴と使ってみた感想

 他のバンテージとの比較

 

今回は上記について解説をしていきます。

 

これを読めば、イサミのバンテージについて詳しく知ることができますよ。

それでは早速いきましょう。




 

 

 スペック

サイズ 幅5cm×長さ280cm(伸長時550cm)
素材 ポリエステル、レーヨン、ポリウレタン
原産国 日本
仕様 マジックテープ、親指に引っ掛けるループつき

 

まずは率直な感想から言います。

 

 このバンテージ、めちゃくちゃいいです!

 

ちなみに僕が購入したのはこちら。

 
isami vantage image
 

ISAMI練習用バンテージ「IB-30」です。

イサミには他にもいろんなバンテージがありますが、今回はIB-30についてレビューしていきます。

 

さて、何の変哲もないこのバンテージ。

見た目では全く分かりませんが、これ、他メーカーのバンテージとは明らかに一線を画しています。

もうこれは別格と言っていいです。

 

で、その違いとは、

 

 このバンテージの特徴
 

  • 肌触りが他のバンテージと全く違う
  • トレーニング中に緩まず、バッチリフィットした状態を保ってくれる

 

上記です。

詳しく説明していきますね。

 

肌触りの違い

 

これは一度触っただけでその違いが分かります。

他のメーカーのものと比べると、段違いに肌触りがいいです。

生地が柔らかく、そしてなめらかで、肌に触れた時の感触がめっちゃくちゃソフトなんですよ。

今まで使ったバンテージの中で、肌触りはNo.1ですね。

薄めの生地ではありますが、軽くて通気性がよく、とにかく拳に巻いた時気持ちがいいんです。

使ってみるとその違いはすぐに分かりますよ。

 

拳に巻いた時のフィット感

 

そしてもう1つ、このバンテージの優れた点は拳に巻いた時のフィット感です。

なぜこんなにフィットするかというと、それは伸縮性がバツグンすぎるからです。

こちらの動画を見てみてください。

 


 

こんなに伸びるんですよ。

いろんなメーカーのバンテージを使いましたが、伸縮性についてもNo.1です。

 

解説

バンテージは伸縮性が高いほど拳に巻いた時に緩みにくく、ピッタリとフィットした状態を保ってくれます。

なので、バンテージ選びにおいてよく伸びるかどうかという点はとても重要なポイントなんです。

 

イサミのIB-30はこれだけ伸縮するので、けっこうキツめに巻いても締め付け感がなく、かつハードなトレーニングをしても緩まないんです。

 

とにかくつけていて快適です。

 

肌触りのよさとフィット感でいうと、ウイニングのVL-Bを超えましたね。

 

IB-30のデメリットは?

 

ここまで、IB-30の長所をご紹介してきましたが、やはりデメリットがあるのも事実です。

なので、そこは包み隠さずお伝えしたいと思います。

 

 イサミIB-30のデメリット

  • 長さが少し足りない
  • 洗濯しあと丸めにくい

 

上記です。

 

長さが少し足りない

 

冒頭にこのバンテージのスペックを書いてますが、

IB-30の長さは、

 

 通常時280cm、伸長時550cm

 

となってます。

 

解説

僕はバンテージを選ぶ際、長さ450cm以上のものをオススメしてます。

理由は拳を保護するためです。

バンテージが短いと拳に巻く回数が少なくなるため、充分な厚みをもたせることができません。

つまり拳の保護力が弱くなってしまうということです。

なのでその最低ラインを450cmとしています。

 

IB-30は一般的な450cmの伸縮タイプバンテージと比べ若干長さが足りないかなといった感じですかね。

 
after winding
 

画像はナックルのパッド部分を6重巻き、リストが3回巻きぐらいです。

これでも全然問題ないですが、理想を言えばもう少し巻数があればといった感じですね。

 

洗濯した後丸めにくい

 

そしてもう1つのデメリットは、洗濯したあとに丸めにくいという点です。

肌触りや通気性がいいバンテージというのは、生地が薄くて柔らかいので、洗濯したあとにシワになりやすいんです。

まあ、多かれ少なかれどのバンテージも洗ったあとシワになりますが、とくこういった素材のものはなりやすいですね。

シワになるとロール状にする際にちょっと手こずります。

ちなみにウィニングのバンテージも同じような感じです。

なので洗濯したあとは、軽く伸ばしてから干すといいですよ。

 

ユーザーの口コミ

 

ちなみにこういった口コミを見かけましたのでシェアしておきます。

 

1
質が低い

数回の使用でボロボロになってしまった。

引用元:Amazon

 

上記はAmazonにあがっていた口コミです。

僕はこのバンテージを何回か使ってますが、生地の劣化はほぼ見受けられません。

一般的にバンテージは、中国やパキスタンなど、海外で作られていることが多いですが、イサミIB-30は日本製です。

日本で作られたものはやはり品質レベルが高く、耐久性もあります。

なので、なぜこの方のバンテージがすぐボロボロになったのか分かりませんが、僕の見た範囲では生地の質はかなりいいです。

 

まとめ

 

それでは今回のまとめです。

 

 まとめ

  • イサミのバンテージIB-30は超オススメ
  • 理由は素材(肌ざわり・伸縮性)の良さ
  • デメリットは、長さが足りないことと、洗濯したあとシワになりやすいところ
  • デメリットを加味してもこのバンテージはめちゃくちゃいい!

 

こんな感じですね。

デメリットもあげましたが、それを考慮してもプラスの要素は大きいです。

値段もそれほど高くないので、試しに使ってみるといいと思います。

ということで今回は以上です。

 

イサミのバンテージIB-30をCHECK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です