ボクシング用バンテージの洗濯の仕方【注意点も解説】

 

ボクシングのバンテージって洗濯するの大変だな。

 

簡単にできれいに洗濯する方法教えて欲しいな。

 

こういった疑問にお答えします。

 

僕はボクシング歴10年。

バンテージにはけっこうこだわりを持って使ってます。

洗濯の仕方についても、今までやってきて分かったことがいろいろとあります。

なので、洗濯をする際の注意点などをお伝えしていきたいと思います。

 

本記事の内容

 バンテージを洗濯する際の注意点とその方法

 

今回は上記について解説をしていきます。

 

これを読めば、バンテージの洗濯をストレスなくできるようになります。

なので、バンテージをうまく洗濯できなくて困っている方は、ぜひ最後まで読んでください。

それでは早速いきましょう。




バンテージを洗濯する際の注意点とその方法

 

バンテージを洗濯する際のポイントは次のとおり。

 

POINT
  • 洗濯ネットに入れる
  • 色物のバンテージは分けて洗う
  • 乾燥機は使わない
  • 干す前にシワを伸ばす
  • 頻度は毎回

 

上記です。

 

洗濯ネットに入れる

 

バンテージを衣類と一緒にそのまま洗濯機に放り込んでしまうと、ぐちゃぐちゃに絡まって大変なことになりますよね。

これはバンテージを使っている人であれば、一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

こうなるとあとあと面倒なので、洗濯用ネットは必須アイテムです。

小さめのネットに入れて洗濯するようにしましょう。

 

 入れ方はテキトーでOK。

 
vantage washing 1
 

こんな感じですね。

使った後そのままの状態で入れてOKです。

丸めたり折り畳んだりしてネットに入れるとシワになりにくいですが、そうすると内側の部分がきれいに洗えません。

トレーニング中はかなり汗をかきますよね。

バンテージにも汗が染み込んでいるので、どの部分もまんべんなく洗えるよう、上の画像のような状態でネットに入れて洗うようにしましょう。

 

ちなみにネットの大きさは縦横の長さが20〜25cmぐらいがちょうどいいです。

 
landry net
 

これぐらいの大きさですね。

ちなみにこちらの洗濯ネットは、PROIRONというメーカーのバンテージを購入したら一緒についてきたものです。

PRIRONのバンテージは品質的にイマイチですが、ネットと合わせてもかなり安い値段で買えるので、これを買ってもいいかなと思います。

 

 

特にAmazonが激安なのでオススメです。

なお、洗濯ネットだけがほしいという方は、こちらのネットを買えばOKですよ。

 


≫バンテージにピッタリな23cm×21cm洗濯ネットを購入する

 

上記のネットであれば23cm×21cmなので、バンテージを洗うのにピッタリのサイズです。

 

乾燥機は使わない

 

脱水後は乾燥機に入れずに干した方がいいですね。

理由としては、

 

  • 縮みやすい
  • 傷みやすい
  • シワになりやすい

 

上記の通りです。

 

ちなみに乾燥機に入れるとこんな感じになります。

 
vantage washing 2
 

かなりシワがひどいですよね。

縮んだり痛んだりもしやすいので、なるべく乾燥機は使わないことをおすすめします。

 

干す前にシワを伸ばす

 

バンテージを干す時は、生地をしっかり伸ばしてから干すと後が楽です。

乾いた後は拳にけるよう、ロール状に丸めますよね。

この時シワが多いと、とにかく巻きにくいのでかなりのストレスです。

干す前に伸ばしておけばスムーズに丸めることができるので、この一手間はやっておいた方がいいですね。

 
vantage washing 3
 

上が洗った直後のバンテージ。

このまま干すと丸める時に大変です。

 

 
vatage wasing 4
 

なので、上の画像のように手で引っ張ってシワを伸ばして干せばOK。

慣れれば1分で終わりますから。

これをやっておくだけで全然違いますよ。

 

参考までに

コットン100%の素材はシワになりやすく、ナイロンを含んだ素材は比較的シワになりにくいです。

 

ちなみに、バンテージを丸める際は「バンテージローラー」を使うと便利です。

 

 

こちらのアイテムです。

かなりバンテージを丸めるのって時間とられますよね。

これがあるだけでだいぶ楽になりますので、頻繁にバンテージを使う人は持っておくといいと思います。

 

Meister バンテージローラーの口コミ【これ超便利です】

2020年10月3日

 

色物は別で洗う

 

最近のバンテージはとてもカラフルで、迷彩柄やレオパードなどおしゃれなものもたくさんありますよね。

好みのデザインを選んで全然いいんですが、特に色の濃いバンテージには注意が必要です。

なぜなら洗濯すると色落ちするからです。

 
vatage washing 5
 

こちらは何度か他のバンテージと一緒に洗いましたが、洗濯するたびに色がついてこんな状態になりました。

元は真っ白でしたけどね。

 
vatage washing 6
 

そして上の画像はeasy changeの黒バンテージと一緒に洗ったタオルです。

何回も洗い直しましたが、このとおり、色移りがとれません。

アイボリーのタオルが、全体的にうっすら青黒く染まり、一部はシミのようになってます。

このように、僕が使った色物のバンテージは全て、ことごとく色落ちしてます。

まだ、色落ちしないバンテージは見つけることができてませんね。

メーカーによっても色落ちの具合は変わってきますが、中でもeasy changeはひどかったです。

こんな感じで染色したんじゃないかというぐらい他の衣類に色移りする場合もあります。

なので注意してくださいね。

必ず分けて洗うようにしましょう。

 

洗濯する頻度は毎回

 

あと、洗濯する頻度についてですが、使ったら必ず洗った方がいいですね。

ボクシンググローブはとにかくムレやすいです。

洗ってないバンテージを使ってしまうと、グローブの中に菌が繁殖して、においの原因にもなります。

グローブを清潔に保つためにも、バンテージは毎回洗うようにしましょう。

 

まとめ

 

それでは今回のまとめです。

 

 バンテージの洗濯方法

  • 衣類にからまないようネットに入れる
  • 縮み・痛み・シワの原因になるので乾燥機には入れない
  • 干す前にシワを伸ばすと丸めやすい
  • コットン素材はシワになりやすくナイロンはシワになりにくい
  • 色移りしないよう色柄物は分けて洗う
  • 清潔に保つため必ず毎回洗濯!

 

こんな感じです。

参考になったでしょうか?

ここであげたことをやるだけで、バンテージの洗濯は劇的に楽になります。

また劣化も少なく、清潔に保つこともできますので、ぜひ試してみてください。

ということで今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です