THREE ARMSのバンテージの特徴と口コミ

 

THREE ARMSのバンテージについて詳しく知りたいな。

使ったことある人の口コミとかないかな?

 

こういった疑問にお答えします。

 

僕はボクシング歴10年。

バンテージについては、過去にいろいろ試してきました。

なので、これからバンテージを購入しようと考えている方に、ブログで評価や口コミなどをご紹介してます。

THREE ARMSについても実際に使ってみましたので、詳しくレビューしていきたいと思います。

 

本記事の内容

 THREE ARMSのバンテージの特徴と口コミ

 THREE ARMSとはどんなメーカーか?

 

今回は上記について解説をしていきます。

 

これを読めば、THREE ARMSのバンテージについて、細かい部分まで把握できます。

こだわりのある方から初心者の方まで、バンテージ選びにおいて知っておいた方がいいことも書いていきますので、ぜひ最後まで読んでください。

それでは早速いきましょう。




THREE ARMSのバンテージの特徴と口コミ

 

 

僕が購入したバンテージはこちら。

 
three arms vantage1
 

 仕様

サイズ 幅5.5cm×長さ450cm
素材 コットン
形状 マジックテープ、親指に引っ掛けるループつき

 

THREE ARMSの伸縮タイプバンテージです。

まずは総評から。

 
このバンテージ、最高です。
 

いやホント、めちゃくちゃいいです。

僕はいろんなバンテージのレビュー記事を書いていますが、ホントにここまで褒めることはあんまりないです。

それぐらいこのバンテージはオススメできるということですが、具体的にどのあたりがいいのか、これから詳しく解説していきますね。

 

生地が上質

 

1つ目は、生地の質感がとてもいいというところです。

バンテージの生地って、どれも似ているようですが、細かい部分を見ていくと実は違っていて、それぞれ特徴があるんですよ。

で、このバンテージは他と比べてみるとその違いがすぐに分かります。

上質な生地というのは、肌ざわりが滑らかで、触った時に抵抗感がなく、優しくソフトな感触が伝わってくるんですが、

THREE ARMSのバンテージはまさにそのとおりで、触ってみるととても気持ちいいんですよね。

また、めちゃくちゃ柔らかいです。

柔らかい生地は分厚く重ねた時に、特にその違いがよく分かります。

手でギュッと押してみると、すごくフワフワしてるんですよね。

このバンテージは、他のバンテージと比べてみても、その柔らかさは明らかです。

ちなみにバンテージを拳に巻く時に、ナックル部分を分厚くしてパッドを作りますよね。

このパッドが柔らければ、拳への衝撃が少なくなりますので、パンチを打った時の痛みを抑えることができます。

当然ケガもしにくくなるので、柔らかい素材というのは安全面においても優れているというわけです。

 

マジックテープの幅が広い

 

2つ目はマジックテープに関してです。

THREE ARMSはかなり幅が広いです。

ちなみに他のメーカーと比べてみるとこんな感じ。

 
vantage width comparison
 

アディダス・ツインズあたりの幅がだいたい一般的ですが、見ての通り、THREE ARMSは幅の広さが全然違いますよね。

狭くても全然問題はないんですが、何回も使っているとマジックテープってだんだんヘタってくるんですよ。

なので、これぐらい接着部分の面積が広いとマジックの耐久性が高くなるので、その点でメリットがあると言えます。

狭いよりは広い方がいいって感じですね。

 

伸縮性も問題なし

 

そして3つ目は伸縮性についてです。

とても良好です。

とはいえ、ストレッチの強さという点ではそれほどではありません。

つまりどういうことかというと、よく伸びますが、縮む力は若干弱めです。

まあ、これについては好みですけどね。

弱めストレッチ素材は締め付け感がなくていいですが、その反面緩みやすいというデメリットもあります。

THREE ARMSについては、「ほどよい伸縮性」といった感じですね。

もし締め付けが強めの方がいいという人は、巻き方で調整してくださいね。

 

THREE ARMSのバンテージのデメリット

 

それではデメリットの方ですが、品質に関してはホント正直言って見当たりません。

ですが、まあ強いて1つあげるとすれば、品質以外のところで、ロゴのデザインですかね。

ぶっちゃけTHREE ARMSってそんなに知名度も高くないと思うので、ブランド力としてはまだまだですよね。

やっぱり、ウイニング・エバーラスト・ツインズなどの世界的に人気のメーカーと比べるとブランド力だけ見るとどうしても敵いません。

それによって、やっぱりロゴを目にした時のパワーというか、インパクトが弱くなるんですよね。

もっとTHREE ARMSが広く浸透してくると、このロゴを見る目も変わってくると思いますけどね。

現時点ではそこが足りないところかなと思います。

まあしかし、これまであげたメリットもさることながら、450cmと十分な長さもありますし、縫製も丁寧に施されていてとてもいいバンテージです。

さらに値段も安く、コスパは最強です。

知名度こそそれほど高くはありませんが、品質レベルは高く、実力のあるメーカーだと思うので、は練習用で使うには最高のバンテージだと思います。

 

THREE ARMSってどんなメーカー?

 

メーカーの知名度やブランド力について触れたついでに、THREE ARMSがどんなメーカーかというところをもう少し詳しく解説しておきます。

THREE ARMSはもともとアメリカのメーカーが立ち上げたブランドです。

日本では京都の会社が代理店として販売しているようです。

数多くのプロボクサーがこのバンテージを使用していて、評判もいいですね。

また、Amazonでは41件のレビューがついていて、星4.0とこちらもなかなかの高評価です。

さらに”Amazon Choice”に選ばれている人気商品でもあります。

 

 ちなみに洗濯後の色落ちについて

 

Amazonのレビューを見てみると、色柄物のバンテージについては、洗濯したあと色落ちする・しないという両方のコメントがありました。

僕は毎回バンテージを紹介する時に洗濯後の色落ちについては説明してますが、どのメーカーも基本色落ちすると思っておいた方がいいです。

なぜなら、僕が今まで色落ちしないバンテージに出会えたことがないからです。

色や柄・メーカーによって色落ちの程度は違ってはきますが、大事な衣類に色移りすると大変ですので、特に濃い色のバンテージについては必ず分けて洗濯してくださいね。

 

≫Amazonのレビューを読む

 

まとめ

 

それでは今回のまとめです。

 

 まとめ

  • THREE ARMSのバンテージはかなりオススメ
  • 特に生地の質がいい
  • コスパも最強
  • 多くのプロボクサーも愛用していて実績もあるメーカー

 

こんな感じです。

今回はベタ褒めでしたね。

Amazonの在庫を見ると十分な数はありますが、カラーや柄によっては残り少ないものもありますので、気になったデザインは早めに買っておいた方がいいと思います。

ということで今回は以上です。

 

≫THREE ARMSのバンテージをチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です