ライバルのボクシンググローブ【評判とその特長】

 

ライバルのボクシンググローブが欲しい。

でも、ちょっとその前に評判とか調べておきたいな。

 

こういった疑問にお答えします。

 

ボクシングの聖地ラスベガスでも、世界のトッププレイヤーが使用がしているライバルのグローブ。

めちゃくちゃかっこいいですよね。

というわけでこの記事では、以下のことについて解説します。
 
 

  • ライバルのボクシンググローブの評判
  • ライバルのボクシンググローブの特長
  • オススメするライバルのボクシンググローブ

 

上記の通りです。

 

これを読めば、ライバルのグローブの評判が分かる上に、あなたにピッタリのグローブを見つけることもできます。

なので、最後まで読んでいただけるとうれしいです。

それでは早速いきましょう。




ライバルのボクシンググローブの評判

 

Amazon USの口コミを読んでみると、

 

  • フィット感がいい
  • リスト部分をしっかり固定できる
  • 軽くてコンパクト

 

こういった意見が見受けられます。

これは実際にそうで、ライバル製のグローブは拳をしっかり固定できるので、フィット感は抜群にいいです。

このフィット感がライバルの最大の特長ですね。

パディングは比較的うすめに作られていて、とてもコンパクトです。

パンチがスムーズに出せるので、その点もこのグローブのいいところです。

しかし逆に、パディングが薄いということは、その分、拳の保護力が弱くなるということになります。

実際にライバルのグローブは硬めなので、バッグを打っている時はガツンと衝撃が伝わってくるんですよね。

なので、初心者よりも、ある程度拳が鍛えられた上級者の方がこのグローブは合っていますね。

もし初心者の方が使うのであれば、安全面を考えて、できるだけ大きめサイズを使った方がいいと思います。

また、柔らかめのサンドバッグを打つと拳への負担も軽減できますよ。

なお、他のグローブとの比較についてはこちらの動画がとても参考になります。

 

 

ライバルってどんなブランド?

 

ライバルは、カナダのボクシング用品ブランドです。

ラスベガスでのビッグマッチで使用されることも多く、ユリキリオス・ガンボアワシル・ロマチェンコなどのスーパースターもこのグローブを使用しています。

日本人ボクサーでは、WBAミドル級世界王者の村田亮太がロブ・ブラントと試合をした時、ライバル製のグローブを使用していましたね。

やはり、硬めのパディングは相手に効かせることができるので、このグローブを選んだようです。

 

価格

 

値段は高めです。

輸入品なので、日本で買うとさらに高くなります。

ボクシングファンの間では人気が高いグローブで、それが価格に反映されているといった感じですね。

 

デザイン

 

非常にインパクトある力強いストリート系のデザインです。

好みはあるかもしれませんが、個人的には大好きです。

めちゃくちゃカッコいいと思います。

どちらかというと、派手めのデザインやカラーパターンが多いですね。

 

品質

 

品質は最高です。

一流のプロボクサーが試合で使うグローブですので、クオリティについては間違いありません。

特に表面素材の耐久性はバツグン。

本革以外のアイテムでも、ライバル独自の特殊加工が施されているので、劣化しにくくなっています。

ガンガンバッグやミットを打ち込んでもOKですよ。

 

オススメするライバルのボクシンググローブ

 

それではオススメのグローブをご紹介します。

 

RB7

 

 AmazonUKの評価

総合評価 レビュー数
4.5
12

 

コスパで選ぶなら断然こちらのRB7がオススメです。

ライバル社製のグローブは数がそれほど出回っていないため、なかなか口コミを見つけることができません。

しかし、このグローブについては、Amazon USにおいて12個のレビューがついていて、評価の方も星4.5とユーザーの満足度も高いです。

表面については、本革ではありませんが、上質なPU素材が施されているので、耐久性の方も問題ありません。

デザインも、ライバル製のグローブらしいアグレッシブな感じが全面に出ています。

今風でとてもおしゃれなデザインです。

初心者の方でも使えるオールマイティなグローブとなってます。

 

RS11V

 

総合評価 レビュー数
3.7 15

 

次にご紹介するのはRS11V。

こちらは激しいスパーリング用に特別設計されたグローブです。

パディングは硬めですが、衝撃をしっり吸収してくれる素材となっています。

このグローブのいいところは装着した時のホールド感です。

 

RS11V

出典:楽天

 

リスト部分はこんな感じで内側からゴムを巻く形になっているので、ガッチリと固定できます。

フィット感もものすごくいいので、強く打ち込んでもズレる心配がありません。

内側はメッシュ素材になっているので、通気性も良好。

バリバリ練習をされる上級者にオススメできるグローブです。

 

 サイズ選びで悩んでいる方・他のメーカーのグローブも見てみたい方

なお、サイズの選び方が分からないという方は、【ボクシンググローブの選び方】買って後悔しないように【初心者必見】を読んでみてください。

また、「ライバル以外にもオススメのグローブを見てみたい」という方は、ボクシンググローブのおすすめはこれ!【初心者・上級者・女性向け】をご覧ください。

 

 

まとめ

 

ライバルのボクシンググローブのご紹介でした。

他にも魅力的なグローブはたくさんあるんですが、なかなか日本では手に入らないので、ここでは2アイテムのみピックアップしました。

ライバルは、ボクシングが好きな人にとってたまらないブランドです。

超ハイセンスなライバルのグローブをつければ、トレーニング中もテンション上がるでしょうね。

ということで今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です