ボクシンググローブのおすすめはこれ!【初心者・上級者・女性向け】

 

ボクシンググローブ買おうと思うけど、どれがいいの?

買って失敗したくないしなあ。。。

僕におすすめのグローブを紹介してよ。

 

最近ボクササイズ始めたんだけど、どんなグローブがいいの?

選び方とかも知りたいな。。。

 

こういった疑問にお答えします。

 

今回は、全メーカーから厳選したおすすめのボクシンググローブをご紹介します。

この中から選んでおけば、ハズレはまずありません。

さらに、初心者・上級者・女性向けに、それぞれのベストバイをピックアップしてますので、きっとあなたに合ったグローブが見つかるはずです。

なので、グローブ選びで悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

なお、この記事の後半では、ボクシング初心者の方向けに、以下のことについても解説します。
 
 

  • ボクシンググローブの選び方
  • マイグローブを買うタイミングは?
  • グローブ以外に買っておいた方がいい道具は?

 

上記です。

 

これを読めば、ボクシンググローブ選びについて網羅的に理解することができますよ。

 

あなたのグローブ選びをサポートできればとてもうれしいです。




ボクシンググローブのおすすめはこれ!

 

ボクシンググローブオススメヘッダー

 

それでは早速、おすすめのボクシンググローブをご紹介します。

 

初心者向けのボクシンググローブ

 

まずは初心者向けから。

 

BODYMAKER サムライエッジ2 KG065

 

bodymaker
出典:BODYMAKER

評価

オススメ度
4
コスパ
4
デザイン
3.5

 

最初にご紹介するのは、ボディメーカーのサムライエッジ2

ボディメーカーの中でもハイグレードなグローブで、品質においてはお墨付きです。

表面素材は、本革が使われているので、耐久性も問題なし。

ボディメーカーのグローブは全般的にパディングが硬めではありますが、サムライエッジは厚めに作られているので、拳の保護力も高いです。

また、何といっても日本のメーカーというのが安心ですよね。

ガンガンバッグを打ち込みたいなという初心者は、本革のサムライエッジ2がオススメです。

 

WINDY BGVH トレーニンググローブ

 

windy
出典:windy

評価

オススメ度
4.5
コスパ
4
デザイン
3.5

 

次にご紹介するのは、ウィンディのBGVHトレーニンググローブです。

ウィンディも初心者の方にはピッタリです。

中でもド定番のこのグローブは最高ですね。

ウィンディをオススメする1番の理由は、バッグを打った時の感触のよさです。

パディングは若干硬めではありますが、パンチを当てた時に「バチーンッ!」という快音が鳴り響くんですよね。

これがなんとも言えない快感です。

また、グローブの中にゆとりがあるので、スムーズに着脱ができます。

ウィンディはムエタイの盛んなタイのメーカーです。

その使いやすさから、ジムの練習用グローブとしてもよく使われています。

こちらも本革なので、耐久性は良好。

とにかく使用感と爽快感を求める初心者にオススメできるグローブです。

 

venum CHALLENGER3.0

 

venum
出典:venum

評価

オススメ度
4
コスパ
4.5
デザイン
5
Amazonレビュー
4.5

 

次は、ベナムのチャレンジャー3.0です。

ベナムというメーカーは、あまり馴染みがないという方もいるかもしれないので、一応簡単に説明しておきます。

ベナムはフランスの格闘技用品メーカーです。

このメーカーの最大の特徴は、デザインがめちゃくちゃおしゃれなところ。

世界タイトル3階級制覇のスーパースター「ワシル・ロマチェンコ」が一部の商品開発に携わっています。

チャレンジャー3.0はロマチェンコ仕様ではありませんが、初心者の方にはもってこいのグローブです。

おすすめの理由は、デザイン性とコスパの良さです。

デザインは見てのとおり、ベナムならではの男らしくファッショナブルな外観となっています。

表面素材は合成皮革ですが、伸縮性があってとても滑らかです。

パディングは薄めですが、柔らかいので拳への衝撃をしっかり抑えてくれます。

Amazonでは434個のレビューがついていて、星4.5の高評価。

世界中で売れているグローブです。

デザイン重視で、カッコいいグローブがいいなという方におすすめです。

なお、こちらのグローブについては、使ってみた感想などを記事にまとめています。

気になる方はこちらをどうぞ。

 

VENUM チャレンジャーの特長と口コミ

2020年7月26日

 

TWINS SPECIAL BGVL3

 

twins
出典:twins japan

評価

オススメ度
4.5
コスパ
4
デザイン
4
Amazonレビュー 4.4

 

次のご紹介は、ツインズスペシャルBGVL3です。

ツインズもウィンディ同様タイのメーカーです。

このグローブの1番の特徴は、分厚いパディングとその柔らかさです。

僕もいろんなグローブを使ってきましたが、これほど拳を守るのに優れたグローブは他に見たことありません。

手の甲の部分までぎっしりクッションが詰まっているんですが、それでいて、とても軽いんですよね。

寸法については、やや大きめです。

表面素材は本革を使用。

ボクシングを始めたばかりの頃は拳を痛めやすいので、特にケガが気になるという初心者の方には最適です。

安全性が高いので、スパーリング用としても使えるグローブとなっています。

 

EVERLAST ELITE PRO STYLE トレーニンググローブ

 

everlast
出典:EVERLAST

評価

オススメ度
5
コスパ
4.5
デザイン
4.5
Amazonレビュー 4.6

 

そして初心者向けにご紹介する最後のグローブが、エバーラスト エリートプロスタイルトレーニンググローブです。

エバーラストは世界中でも人気の高いアメリカのブランドです。

中でも初心者にオススメするのがこちらのグローブ。

ワンランク下のプロスタイルでもいいんですが、エバーラストをどうせ買うんだったら、こちらのエリートプロにしておいた方がいいです。

ブランド力・品質・デザイン、全てにおいて申し分ありません。

Amazonのレビュー数は1,000を超えていて、かつ、星4.6の高評価というバツグンにユーザーの満足度が高いグローブです。

内側がメッシュ素材になっているので通気性は良好。

素材はPUレザーという合皮の中でも高品質な革が使われています。

憧れのエバーラストのグローブが欲しいという初心者の方には、こちらがおすすめです。

こちらもレビュー記事を書いてます。

詳しく知りたい方は、こちらを読んでみてください。

 

エバーラストのグローブ「ELITE PRO STYLE」の口コミ

2020年9月4日

 

上級者向けのボクシンググローブ

 

それではここから上級者向けののグローブをご紹介します。

やはり上級者ということで、ここでは高品質なグローブを中心にピックアップしていきます。

 

WINING プロフェッショナルタイプ(ひも式・マジック式)

 

wining
出典:wining

評価

オススメ度
5
コスパ
3.5
デザイン
4
楽天レビュー 4.8

 

やはり、最初はこれをおすすめせざるを得ません。

ウイニングの練習用グローブ「プロフェッショナルタイプ」です。

上級者の方にはご紹介するまでもないかもしれませんね。

一応、詳細を説明しますと、こちらのグローブ、ひも式とマジック式でサイズのラインナップが変わってきます。

 

  • ひも式  12・14・16オンス
  • マジック式  8・10・12・14・16オンス

 

このようになってます。

ひも式はスパーリング用として使う場合が多いので、このような品揃えになってるんだと思います。

マジック式の方は使い勝手はいいですが、リスト部分に「WINING」のロゴが入ってないところが残念です。

見た目はひも式の方がカッコいいので、どちらを買うか迷うところではあります。

いずれにせよ、練習用として使うのであれば、耐久性の高いプロフェッショナルタイプの練習用グローブがおすすめです。

 

EVERLAST POWERLOCK トレーニンググローブ

 

everlast
出典:everlast

評価

オススメ度
4
コスパ
3.5
デザイン
5
Amazonレビュー
4.5

 

次はこちら。エバーラスト パワーロックトレーニンググローブです。

エバーラストの中でも最高級のパワーロック。

ご存知の方も多いのではないでしょうか?

オススメする理由は、豪華で高級感あるデザインとフィット感です。

やはりハイグレードなグローブとあって、使用感は最高です。

実はパワーロックには、

 

  • 本革製と合成皮革製
  • ひも式とマジック式

 

上記の種類があります。

なので購入の際は間違いのないよう、注意してくださいね。

パディングは硬めで、相手に効かせるにはもってこいです。

それでいて、拳にも負担がかからないという高性能なグローブ。

これ以上、多くを語る必要はないと思います。

大人気のエバーラスト。

お高めですが上級者には不足のないアイテムです。

 

ISAMI IBX-12 / IBX-13

 

評価

オススメ度
4.5
コスパ
4
デザイン
4.5

 

そして次は、イサミのIBX-12・IBX-13です。

上級者の方であれば、イサミの実力がいかほどかご存知だと思います。

ウイニング同様、JBC認定の公式試合用グローブを作っているメーカーですので、品質はバツグンです。

当然おすすめは、JBC認定のグローブです。

こちらのグローブ、試合用でありながら耐久性は十分ですので、練習用として使っても全く問題ありません。

ちなみにウイニングの試合用グローブは練習用と比べると耐久性に欠けるんですけどね。

イサミは大丈夫です。

革の質感とパディングの弾力性の高さは言うまでもありません。

表皮は選りすぐりの本革が使用されています。

ナックルとリスト部分には「ISAMI」のロゴが入っておらず、「BOXER」の文字が刻まれているところもシブいですね。

イサミらしい硬派なこのグローブ。

王道のウイニングをちょっと外してチョイスしたいという玄人の方にオススメです。

 

女性向けの(ボクササイズ用)ボクシンググローブ

 

それではここから、ボクササイズをされる女性向けにグローブをご紹介していきます。

 

adidas SPEED50 / SPEED200

 

adidas
出典:adidas

評価

スピード50 スピード200
オススメ度
4.5
4.5
コスパ
4.5
4
デザイン
4
4
Amazonレビュー 4.6

 

まずはアディダスから、スピード50・スピード200をピックアップしました。

アディダスのグローブは作りがしっかりしているので、品質重視で選ぶ方に最適です。

グレードについてはスピード200の方が上で、表面素材は、

 

  • スピード50  合皮(PUレザー)
  • スピード200  本革

 

上記となっています。

特にスピード200はハイクオリティで、かつ女性のために設計されたグローブです。

パディングが厚めで柔らかく作られていて、拳を十分に保護してくれます。

軽いボクササイズをされる方はスピード50を、ハードな練習をされる方はスピード200の方をオススメします。

 

RDX ボクシンググローブF7 / FL

 

RDX
出典:RDX

評価

F7 FL(花柄)
オススメ度
4.5
4
コスパ
4.5
4
デザイン
5
5
Amazonレビュー 4.7

 

次はRDXというイギリスのブランドのご紹介です。

ボクシンググローブF7FLの2アイテムは、ボクササイズをする女性にピッタリです。

RDXの最大の特徴は、おしゃれなデザイン。

イギリスのメーカーとあって、めちゃくちゃハイセンスでスポーティな仕上がりです。

F7の方は、マヤハイドレザーというRDX独自の素材が施されていて、質感はとてもいい感じです。

厚めのパディングがしっかり拳を守ってくれます。

一方、FLの方はご覧のとおり、デザインがかなり特徴的です。

好みは分かれるところだと思いますが、グローブ全面に花柄があしらわれていて、めちゃくちゃかわいいですよね。

表面は一部スウェードっぽい素材が使われていてるので、高級感もあります。

品質もいいですので、デザインに一目惚れした方は、ぜひこれをチョイスしてください。

ちなみにRDXのグローブは全般的に表記重量よりも若干重めとなってますので、その点ご注意ください。

 

BN ボクシンググローブ

 

評価

オススメ度
4
コスパ
5
デザイン
4.5
Amazonレビュー 4.4

 

そして最後にご紹介するのが、BNのボクシンググローブです。

おすすめする理由は、圧倒的にコスパがいいことと、豊富なカラーパターンから選べること。

女性用のかわいいデザインもラインナップされています。

パディングは硬めですが、ナックル部分が盛り上がっているので撃ち心地も悪くないです。

とにかく価格が安いので、決してハイクオリティというわけではありませんが、この値段にしてはかなりしっかりした作りとなっています。

あまり激しいトレーニングには向きませんが、軽いボクササイズをする女性であれば、最初に買うグローブとしては、これぐらいのスペックでも全然OKです。

こちらもレビュー記事書いてます。

 

BNのボクシンググローブ【特長と口コミ】

2020年7月28日

 

以上がおすすめのボクシンググローブです。

なお、メーカー別の特長などをまとめた記事も書いています。

気になるメーカーがある方、また、他のグローブも見てみたいという方は以下をどうぞ。

 

 

ボクシンググローブのサイズの選び方

 

ボクシンググローブのサイズ選びで悩んでいる方は、【ボクシンググローブの選び方】買って後悔しないように【初心者必見】を読んでみてください。

サイズ以外に、ボクシンググローブを選ぶポイントもあわせて解説してますので、初心者の方はサクッと目を通してもらえればいいかなと思います。

 

ボクシンググローブを買うタイミングは?

 

ボクシンググローブを買うタイミングって分からなくないですか?

 

「初心者がいきなりジムにマイグローブ持っていってもなあ・・・。」

「よく分からずに変なグローブ買っちゃったらどうしよう・・・。」

 

みたいな。

これについては、結論から言うと、

 

 ボクシングを始めて1ヶ月後ぐらい

 

これぐらいのタイミングでいいと思います。

 

理由は、買って失敗しないためです。

こういったネット記事だけ読んでいても、やっぱり現物を見ないと分からないこともありますよね。

また、他の人がどんなグローブを使っているかも気になると思います。

なので、ジム内でそのあたりを観察しつつ、だいたい欲しいグローブが固まってきたら購入するといった感じでOKです。

あとはやっぱり、ジムに入ってすぐピカピカのマイグローブ持っていくのも、なんかちょっと調子悪い感じしませんか?(これは僕だけかもしれませんが・・・。)

気にならなかったら全然いいんですけどね。

まあ、様子を見る期間として、だいたい1ヶ月ぐらいあればいいかなと思います。

それまでは、ちょっとがまんして、汗臭いかもしれませんがジムのグローブを使いましょう。

 

で、そもそもマイグローブは持っておいた方がいいかどうかという点ですが、

 

 結論、持っておいた方がいいです。

 

これは本当にそう思います。

なぜなら、マイグローブを持つことで、ボクシングに対する気持ちが全然違ってくるからです。

つまり、より熱心にボクシングができるようになるということです。

 

えっ?別に趣味でやってんだからそんなに意気込まなくてもいいじゃん。

 

まあ、こう考える方もいますよね。

その気持ちもよく分かります。

確かに、ボクシングは別に仕事でやるわけではないので、ストレスになってはいけません。

ですが、趣味だからこそ真剣にやった方が面白いと僕は思うんです。

そのために、きちんと道具を揃えて大切にするということは必要なんじゃないかなと思います。

すみません、ちょっと熱くなってしまいましたが、マイグローブを持っておいた方がいいというのはこういった理由からです。

自分のグローブを使うことで、ボクシングをより好きになれると思います。

 

グローブ以外に持っておいた方がいい道具は?

 

 ボクシング初心者がグローブ以外に持っておいた方がいいもの

 

これについては、

 

  • バンテージ
  • マウスピース

 

初心者の段階ではこれだけでOKです。

大切なのは、道具にお金をかけることではなく、ボクシングで心と体を鍛えることですから。

ちなみに、スパーリングをやらないのであればマウスピースは必要ありません。

しかし、バンテージは拳を保護するために必ず巻くようにしてください。

最初は軍手でいいですけどね。

だんだんパンチ力もついてきますので、なるべく早い段階で巻くようにしましょう。

 

まとめ

 

オススメのボクシンググローブについて解説をしてきました。

僕自身、ボクシングが大好きなので、伝えたいことがたくさんありすぎて、ついつい長くなってしまいました。

この記事以外にも、ボクシングに関する情報は書いていますので、よかったら読んでみてください。

それでは、これからもボクシングがんばってください。

ということで今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です