venumのボクシンググローブは種類が豊富【オススメはこれ】

 

vemumのボクシンググローブかっこいいな!

これをつけてボクシングのトレーニングがしたい。

でもどれを買えばいいんだろう?

種類がたくさんあってわかんないな。。。

 

こういった疑問にお答えします。

このところ爆発的に人気が出ているvenum。

かっこいいですよね。

venumのボクシンググローブが欲しいという方に向けて、この記事では以下のことについて解説していきます。

 

  • venumのボクシンググローブの特徴
  • venumのボクシンググローブの種類
  • オススメするvenumのボクシンググローブ

 

以上です。

 

これを読めば、種類が豊富なvenumのグローブの中から、あなたにあったものを選ぶことができますよ。

それでは早速いきましょう。




venumのボクシンググローブの特徴

 

まず、venumのボクシンググローブにはどんな特徴があるのか説明していきます。

venumはフランスで生まれた格闘技用品のブランドです。

ボクシンググローブについては、WBAスーパー・WBC・WBO世界ライト級統一王者のワシル・ロマチェンコや、3階級を制覇したヴェネズエラの英雄ホルヘ・リナレスなどのスーパースターが愛用していることでも知られています。

venum製グローブの最大の特徴は、なんといっても、インパクトある現代風のめちゃくちゃおしゃれなデザインです。

venumは、ボクシング用品以外にも様々な商品を販売しており、レディースやキッズ向けのスポーツウェアなどにも力を入れているアパレル要素の強いブランドです。

芸術的センスの高いフランスの商品とあって、その個性は突き抜けています。

今までのボクシンググローブの硬派なイメージを完全に叩き崩した、斬新かつ超絶オシャレなデザインは、この業界において革命を起こしたといっても過言ではありません。

日本ではまだそれほど浸透していないですが、海外では相当な数のグローブが売れていて、評価も非常に高いです。

 

価格

 

価格帯は3,000円ぐらいから、高いもので30,000円以上するものまでピンキリです。

なので、グレードを選べるという点はいいですね。

全体的にコスパはいい商品です。

 

品質

 

品質の方も、グレードによって変わりますが、全体的に見ると標準的、あるいはそれ以上といった感じです。

製品は中国・タイで作られていて、縫製技術はとてもレベルが高いです。

グレードが低めの商品は、早い段階で表皮の剥がれや劣化があるなどの口コミも見受けられますが、

総合的には、Amazon・楽天レビューにおいて軒並み4.5以上の高評価を獲得しているなど、ユーザーの満足度はかなり高いと言えます。

 

デザイン

 

バツグンにオシャレなストリートデザインです。

一般的に他メーカーのボクシンググローブは、ナックルとリスト部分にメーカーロゴが入ってるパターンが多いですが、venumは、グローブ全体にロゴや柄が入っています。

色使いもハイセンスで、ゴールドやイエローなど、venumのデザインが際立つカラーバリエーションが豊富にあります。

インパクトは強めでありつつも、デザインとカラーが絶妙に調和した一体感がめちゃくちゃかっこいいですね。

 

venumのボクシンググローブの種類

 

venum-glove
 

venumのボクシンググローブの種類は以下の通りです。

 

  • CHALLENGER
  • IMPACT
  • DEVIL
  • ORIGINS
  • PLASMA
  • GIANT
  • GIANT SPARREING
  • DRAGON’S FLIGHT
  • COMMANDO
  • HAMMER PRO
  • SHIELD PRO
  • GLADIATOR
  • ELITE
  • Exclusive Edition
  • TRAINING CAMP

 

これだけの種類があり、さらに色やサイズのバリエーションもあります。

1つ1つ説明していくと、めちゃくちゃ長くなってしまいますので、ここでは厳選したアイテムのみをピックアップしてご紹介します。

 

オススメするvenumのボクシンググローブ

 

これからご紹介するグローブは、品質・使用感ともにバツグンですので、この中から選んでもらえればハズレはありません。

それではいきましょう。

 

CHALLENGER 3.0(チャレンジャー3.0)

 

 

 Amazonの評価

総合評価 レビュー数
4.5
436

 

こちらは、チャレンジャーシリーズの最新バージョン3.0です。

以前の2.0からいろんなところが改良されていて、とても使いやすくなっています。

 

具体的には、

 

  • パディング柔らかさ
  • 表面素材
  • 使用感

 

主にこのあたりがグレードアップしています。

 

パディングが硬めだった2.0に対して、3.0は柔らかくなっており、かつ、表面の革も伸縮しやすい素材に生まれ変わりました。

フィット感も良くなっていて、もともと定評のあったチャレンジャー2.0を上回る高コスパ商品にリニューアル。

その分価格も上がってますが、言っても数百円程度です。

 

値段と性能のバランスを見た時に、圧倒的に3.0の方がメリットがあります。

 

上質なセミレザーが採用されていて、耐久性も上がっており、最高の仕上がりとなっているグローブです。

8oz〜16ozまで揃っているので、好みのサイズを選ぶことができます。

特にボクシング初心者にオススメのグローブです。

 

なお、challenger3.0のレビューについては、VENUM チャレンジャーの特長と口コミにて解説してますので、気になる方は読んでみてください。

 

GIANT 3.0(ジャイアント3.0)

 

 

 Amazonの評価

総合評価 レビュー数
4.5
191

 

こちらはvenumの中でも、ハイグレードな仕様のモデルです。

高級車などによく用いられるナッパーレザーを100%採用。

タイ製の手作りになっていて、表皮の質感・着用感はバツグンです。

衝撃を吸収する4層構造の高密度なパディングが入っていて、かつ、細部にこだわって設計されているため、ケガのリスクを抑え、安全に使用することができます。

また、リスト部分は長めになっているので、拳から手首にかけてしっかり固定することができます。

サイズは8oz〜16ozまで揃っています。

プロを目指す方、あるいはプロボクサーなど、激しいトレーニングをする方にオススメです。

 

ELITE(エリート)

 

 

 Amazonの評価

総合評価 レビュー数
4.5
637

 

こちらも品質レベルの高いグローブですが、グレード的には、先ほどご紹介したジャイアントの少し下ぐらいにあたります。

タイの手作りで、3層構造の高密度なパッドが採用されています。

カモフラ柄もラインナップされていて、venumらしいハイセンスなデザインとなっています。

縫い目もしっかりしていて、かつ、上質なセミレザーが使われているため、耐久性も高いです。

サイズは8oz〜16ozまで揃っています。

初心者からプロまで、幅広く使えるグローブとなっています。

 

LOMA EDHITION(ロマエディション)

 

 SHIELD PRO(シールドプロ)

 

 HAMMER PRO(ハンマープロ)

 

そして最後にご紹介するのが、ロマエディションシールドハンマーです。

どちらもワシル・ロマチェンコとvenumが共同開発したアイテムです。

ロマチェンコの専門知識を最大限に活かしたグローブで、ディテールの設計にかなりこだわって作られています。

品質に関しては、文句のつけどころのない、最高級グレードの商品です。

表面素材は、シールド・ハンマーともに、アルゼンチン製の丈夫なレザーを採用。

耐久性・使用感ともに究極の仕上がりとなっています。

サイズは、8〜16オンスまであり、ひも式・マジックテープ式の2タイプがあります。

非常に品質レベルが高いため、上級者やプロボクサーにオススメのアイテムです。

 

 サイズ選びで悩んでいる方・他のメーカーのグローブも見てみたい方

なお、サイズの選び方が分からないという方は、【ボクシンググローブの選び方】買って後悔しないように【初心者必見】を読んでみてください。

また、「venum以外にもオススメのグローブを見てみたいな」という方は、ボクシンググローブのおすすめはこれ!【初心者・上級者・女性向け】をご覧ください。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

「これだ!」というグローブは見つかったでしょうか?

このところ非常に勢いのあるvenum。

今後は、アパレルの方でもブレイクするんじゃないかなと僕は思ってます。

ボクシンググローブはデザイン面だけでなく、品質もいいので、きっと満足できると思いますよ。

ということで今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です